足痩せしてかわいい服を着こなそう

10代の女の子にとって、脚や太ももの大きさは気になります。
しかし、成長期に食べないダイエットはかえって危険です。
それで、小中学生でも簡単に出来るオススメの脚痩せダイエット方法を紹介します。

画像1: www.photo-ac.com

www.photo-ac.com

むくみは大敵です!簡単なむくみケアで痩せやすい脚になりましょう。
むくみは、そのまま脂肪に変わってしまう可能性があり侮れません。
簡単に脚のむくみケアをして、痩せやすい脚を作りましょう。

10代の半ばくらいからホルモンのバランスは整ってきますが、それまでは思春期ニキビ同様、身体の肉付きが良くなり太った感覚になるものです。
この時期に「太る」のは、程度の差はあるものの誰もが経験することです。
 
それでも、パンパンの太ももなど下半身の太さは気になりますよね。
太ももに効くストレッチは、10代こそ結果が出やすい方法なので積極的に取り入れて継続してください。
お風呂上がりのちょっとした運動で、太ももやふくらはぎはすぐにすらっとした細さになりますよ。
ただし、筋肉も付きやすい年頃なのでハードな筋トレをする必要はありません。

寝ながら簡単エクササイズ

画像: allabout.co.jp

allabout.co.jp

ストレッチのポイント
• 自然呼吸で。呼吸に意識を向けると、穏やかな気持ちでストレッチができます。
• 深呼吸をしたい場合もあくまで気持ちよく。
• 1ポーズは20~30秒程度を目安に。気持ちが良ければもう少し行っても構いません。
ストレッチ方法
1.両手をカラダの後ろにつき、両足を伸ばして座ります。
2.片足をお尻側に曲げます。
3.曲げた足の膝を床につけるようにし、腰を伸ばした足の方にひねります。
手で曲げた足のももを触ると、ストレッチしたい箇所に意識を持っていくことができます。

簡単エクササイズで下半身ほっそり

寝ている間に成長ホルモンが活発に分泌されるので、寝る1時間くらい前に行うと効果的です。

画像: www.ac-illust.com

www.ac-illust.com

もも上げ足踏み
1・背筋を伸ばして立つ。
2・その場で足踏みを繰り返す。太ももをゆっくり上げ、床と水平になるくらいの位置で止める。1秒間くらいキープし下ろす。これを50回。
※骨盤を意識して足の付け根から大きく動かすのがコツ

太ももがサイズダウン骨盤ダイエット

家にあるタオルを使ったストレッチは、驚くほど下半身をよく伸ばしてくれます。 3ステップでできて簡単にできます。

1. タオルの両端を持ち仰向けになり、片脚は立てたまま、もう片脚の土踏まずにタオルをかける。
息を吸って準備。
2. 息を吐きながら、かかとを押し出し、できる範囲でヒザを伸ばす。息を吸いながら、ヒザを曲げる。 1と2の動きを交互に繰り返し、少しずつ太ももの後ろをストレッチ。

まとめ

画像2: www.photo-ac.com

www.photo-ac.com

今や、ネットで「ダイエット」とと検索すれば、たくさんのダイエット情報が出てきます。
しかし、その中の一つを丸ごと真似するようなダイエットはオススメしません。
10代は身体を作りホルモンバランスを整え、美しい大人の女性になるための準備期間です。
この準備期間に無理なダイエットをしてしまうと、将来にわたって後悔してしまうかもしれません。身体に無理な負担をかけないように、適度な運動をしていきましょう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.